おすすめのお花見スポット特集

おすすめのお花見デートプラン

お花見デートをする際、最初に考えておきたいのは、失敗しないことです。失敗しやすいポイントとしては、食事、場所選び、天候です。この3点をしっかりできれば、特に人気スポットに行かなくとも、充分に楽しむことができます。食事は相手が面倒に思っていることもありますし、むしろお店で弁当などを購入したいと考えている場合もあります。また、現地調達を考えていても、露店は混雑、近くにコンビニなどもなく、食事に困ってしまうという失敗もよくあります。また、場所選びでは座れなかった、まわりが宴会だらけでうるさかった、トイレがなくて困った、というものがあります。天候についても、最悪の状況を想定して、中止になった場合の代替のプランを考えておくのが大切です。これらの基本事項をしっかり行えば、花見は基本的に桜があれば楽しめます。

場所選び

では、まずは場所選びについて見て行きましょう。ポイントは座るところの確保、雰囲気はいいか、トイレの有無です。花見の会場は予約できることろも中にはありますが、基本的には早い者勝ちと思っていたほうがいいでしょう。特に首都圏の人気スポットともなれば、何日も前から場所取りする人がいます。場所取りのアルバイトもあるくらいですから、当日にきちんと席が確保できる可能性は低いです。この場合、穴場スポットを探しておくのも一つの手でしょう。また、2人で楽しむのならば、どっしりと座って花見しなくとも、桜並木を食べ物片手に歩き、その後は飲食店でゆっくりというのもありです。

雰囲気については、名所は家族連れからサラリーマンまで多種多様です。祭り好きの女子、うるさい場所や雰囲気が得意な女子ならまだしも、デートの雰囲気としては少々向いていません。この場合、カップルの多い花見会場などもあるので探しておきましょう。また、時間帯によって客の種類も変化します。昼間は家族連れ、夕方からはサラリーマンなどが来ます。狙い目は午前中です。平日に休みが取れたらそこが一番いいでしょう。その他、本格的な花見会場でなくとも、飲食店の目の前に桜が咲いているところ、スポット的に咲いている桜などがある場所はおすすめです。東京ならば川沿いに桜並木のあるスポットも多く、公園と比べると混雑も少なく、席にも余裕があります。また、時期をちょっとずらしてみるのもいいでしょう。散り際などは満開時よりも人は少ないですが、桜を楽しむことは充分可能です。トイレについては、事前に場所を確かめておくのがポイントです。コンビニなどでもいいでしょう。

食べ物は用意するのが面倒な場合があります。お弁当を作りたいならいいですが、そうでない時は、まずは現地で購入できるかの確認をしておきましょう。ただし、露店があっても混んでいれば購入に時間がかかるので、コンビニなどが周辺にないか確認しておきます。あるいは、現地に向かう途中、一緒にお弁当屋に寄ってから行くのもいいでしょう。また、食事と合わせて準備しておきたいのは飲み物です。お酒などにばかり考えがいってしまいますが、温かい飲み物は必須です。桜の開花後でも寒くなる日はあります。そんな時に温かいお茶があると非常に助かります。保温機能付きの味噌汁を入れられるお弁当箱なども使えるでしょう。

代替プランを考えておく

季節については、花見で重要なのは桜を実際に見ることです。一度咲き始めたら大丈夫ですが、気温が低くなるとしぼむこともあります。7分咲きくらいがちょうどいい頃合いでしょう。また、早めに行く場合は気温がまだ低い日も多いです。できるなら天気のいい日を選ぶのがいいでしょう。天候については、基本は天気予報を調べておくことです。また、天気が悪い時のことを考えて、中止にした場合のプランを考えておくとベストです。一応桜は見に行きつつ、食事などはせずに飲食店へ行くといいでしょう。後日日程が合えば、もう一度花見をすればいいわけです。代替プランを一緒に考えておくと、何かあった時でも充分楽しく過ごすことが出来ます。

他にも、時期が完全にずれてしまう場合もあるでしょう。早い段階から休みの日を合わせておき、花見シーズンに向けて準備したところ、まだ開花していなかった、ということがあります。この場合は、イベントを利用して解消するのがいいです。花見の名所ならばそこや近くでイベントをやっている可能性も高いです。そうでなくとも、首都圏であればちょっと移動すれば代替のイベントは何かあるでしょう。花見が近づいてきたら、天気が悪い場合のことも考えて、周辺で開催されている花見以外のイベントをチェックしておくのが次善の策になります。

また、大人数であれば遅くまで花見をしていてもいいですが、2人ならばあまり遅くなる前に切り上げた方がいいです。花見は夜の8時くらいまでにしておき、そのあとでお店に寄るのがいいでしょう。カフェなどに行ってコーヒーを飲めばお酒も抜けてリラックスできます。花見は準備からいろいろと疲れるので、早めに家に帰って2人でゆっくりしましょう。


↑ Page Top